バリ島日帰りOK!バリ島口座開設サポート

日帰りOK!
現地の日本人がバリ島での口座開設をサポートします!

口座開設する
バリの風景

インドネシアの銀行を解説して資産運用したい方へ、バリ島で国営銀行の開設をサポートいたします。

日本では0.1%程度しかつかない金利ですが、インドネシアでは銀行にもよりますが4〜5%も付き着実に資産を増やしていくことが可能になります。

これだけ高い金利なので、例えば現地移住した場合、2019年地点では物価が日本よりも安いので銀行金利だけで生活することも不可能ではありません。

また、仮に金利だけで生活することができずとも、現地での生活費を賄いながら活動することが可能です。

収入源がもしあれば、そちらをさらに別の場所に投資しながら着実に資産を増やしていくことが可能になります。

もし銀行口座にある程度まとまったお金がある場合、国内の普通口座に眠らせておくよりも断然インドネシアの定期預金に収めておいたほうがお得になるでしょう。

手続きも簡単に進めることができるので、バリ島にお越しの際にはぜひ検討してみてください。

営業者の顔

なぜバリで口座を開設すべきなのか?

なぜ数ある国の中でもインドネシアの銀行に預金する方が後を絶えないほど人気なのでしょうか?

それはインドネシアの銀行が2019年の現地点でも以下のような特徴があるからです。

インドネシアの一般的な銀行の特徴

  • 普通預金の預入金利……2%
  • 定期預金の預入金利……約6.00%
  • デビットカード機能付きキャッシュカード当日発行(開設して即発行可能)
  • 世界中のATMで出金が可能
  • 1銀行1名につき、2billionルピア(約2,000万円)までペイオフで保護されます。
  • ネットバンキングはスマホアプリがあります

しかもこの金利、なんとインドネシアの一般的な国営銀行の値を参照してきています。

超低金利政策を行っている日本のメガバンクと比べてもはるかに高いことがわかります。

利率が高く、信頼できるバリの銀行一覧

バリの中でも特に信頼を置くことができ、かつビザ不要で口座開設を行なう事が可能な銀行は以下の4つです。

  • BNI銀行 (BANK NEGARA INDONESIA)
  • BCA銀行(Bank Central Asia)
  • Mandiri銀行
  • BRI銀行(Bank Rakyat Indonesia)

これらの銀行は、Mandiri以外は国営の銀行です。Mandiri銀行も、インドネシアでいう超のつく財閥が運営しているので、国内でも人気です。

ちなみにBNI、BCA、Mandiriは(一つは財閥運営ですが)ちょうど日本でいう三代メガバンクである三菱東京UFJ銀行、MUFG銀行、みずほ銀行と同等のポジションをインドネシア内で確立しており、現地のインドネシア人がメインバンクとして必ずどれか一つを使用しているといっても過言ではありません。

また日本の東京ではみずほ銀行が強く、名古屋ではUFJ銀行が強いといった、勢力図も形成されていることが確認できております。

ちなみに現地に住んでいる肌感としては、バリではBNIが強く、首都ジャカルタではBCAが強い印象です。

余談ですが、これらの銀行は、インドネシア銀行(日本でいう日本銀行)の金融政策のベンチマークデータ協力金融です。

実際にインドネシア銀行にアクセスしてみると、登録されていることが確認できます。

参考:インドネシア銀行
参考:JIBOR(ジャカルタ銀行間取引金利)ベンチマーク銀行リスト

銀行の送金番号リスト

インドネシアの銀行へ送金する際の銀行の番号リストです。記載してあるものはどれも上位に表示してあります。(下の方をよく見てみると外資に当たる米国のCHASEや日本のUFJ銀行なども確認できます)

上記の4大銀行であればどれもビザ不要で口座開設サポートを行うことは可能ですが、この中でも私どもは特にBNI銀行をおすすめしております。

なぜBNI銀行がおすすめなのか?

開設サポートを行っている銀行口座の中でも特に国営のBNI銀行をオススメしております。

理由は2点ございます。

  • BNI銀行は完全国営の銀行であること
  • BNI銀行は日本国内に支店がある

なお、国内支店はあるものの、対応しているのは送金のみで国内支店は通常の銀行とは異なりインドネシア国内における預金口座の預入れ、払出し、通帳やカード発行等ができないのでご注意ください。

より詳しくはBNIの公式サイト(日本支店のみ日本語標記があります)をご確認いただくことが可能です。

http://www.ptbni.co.jp/bni/company/?lang=ja

現地に住む日本人が、バリでの口座開設をサポートいたします!

口座を開設する際にサポートしている内容は次の通りです。

  • 空港・ホテルからの無料送迎(*1)
  • 日本円から現地通貨インドネシアルピア(IDR)への両替サポート
  • クレジットカードを使用したインドネシアルピアの引き出しサポート(*2)
  • 海外ATMでの日本語操作解説書(PDFデータ)
  • インターネットバンキング用の操作方法の日本語解説書(PDFデータ)
  • 解約サポート(一部有料)
  • 希望者には、バリ島観光にオススメの地域まで送迎いたします。

*1...*ホテルはクタ地域のみ無料送迎いたします。その他の地域については一度ご相談ください。

*2...現地のATMを使用します。可能な範囲で最新の注意を払いますが、何かあった際には自己責任でお願いいたします

また、興味のある方にはインドネシアの仮想通貨の現地取引所indodaxにご案内することも可能です。

よくあるご質問

ご質問が掲載されていない場合は、お気軽にお問い合わせください。ご質問は基本BNI銀行の内容を元に作成しておりますが他銀行で気になる内容がございましたら、一度お尋ねください。

複数人でも開設可能でしょうか?
何人で来ていただいても問題ございません。5名様以上など、人数が増える場合は数日に分けてのスケジュール調整も可能です。
インドネシアのペイオフ制度は日本と同様のシステムでしょうか?
日本のペイオフ制度は1銀行1名につき1,000万円まで保護されますが、インドネシアでは1銀行1名につき、2,000,000,000ルピア(100IDR=1円として約2,000万円)まで保護されます。
バリ島の定期預金の利息は、どのようにして受け取るのですか?
銀行によりますが、よくご案内しているBNI銀行では、バリ島で定期預金をする場合、定期預金用の預金口座を作ることになります。そちらの開設した口座に毎月金利が入金されます。
通帳はありますか?
通帳は即日発行されます。当日入金した金額も記帳された状態で渡されます。また、携帯アプリで残高は確認可能です。
米ドル建ての預金はできますか?
基本インドネシアルピアでの入金になります。
銀行側からの口座の閉鎖や凍結に関しての条件はありますか?
資金に犯罪性がある場合は凍結される場合があります。また未納の税金がある場合も押さえられることがあるようです。口座の維持費として毎月約100円(10,000IDR)が徴収されますが、残高が不足していた場合も凍結される場合があります。
日本円をハンドキャリーの(現金を直接現地に持っていく)場合、税関で申告する必要はありますか?
申告が必要です。申告しても課税されることはありません。2019件現在、50万円以上の現金を国外に持ち出す・持ち込む場合は申告の対象となります。*申告をしなくても大丈夫か、というご質問をよくいただいておりますが、基本申告をお願いしております。以外は自己責任でご対応ください。
バリ島の定期預金は、満期日の途中での増額・減額は可能ですか?
期間中での増額減額はできません。途中で中止したい場合、一旦定期預金を解約し、改めて定期を組み直すか、口座を追加する必要があります。*状況によって変わりますので、改めてご連絡ください。
解約を含む各種手続きは、開設支店でのみの対応でしょうか?
インドネシア国内の同銀行のどの支店でも可能です。
現地に行かずに、代理での口座の開設、またはネット・郵送等による開設は可能ですか?
代行・ネット・郵送での口座開設はできません。ご本人様が直接来店する必要があります。
ABCへ質問する

基本サービス内容

口座開設サポート:1口座49,800

サポートリストに記載されている内容全てセットの価格です。

お支払いはPaypalにてお振込か、現地にて直接お支払いをお願いいたします。 手渡しの場合は、1口座開設あたりにつき50,000円いただきます。

お問い合わせ・ご相談

少しでも気になった点ございましたらお気軽にご質問ください。団体様などのスケジュール調整なども承っております。

個人情報の取り扱いについては当サービスのご連絡のみについて使用し、当サービス以外で使用することはございません。